いつでも、どこでも、どなたでも。TOYOTA REGIONAL MEDICAL CENTER

部門

薬剤部

安全な薬物治療の支援という考え方に基づき、医療チームの一員として院内の様々な活動に携わります。

概要

私どもは、病院に勤務する薬剤師の最も大切な仕事が、安全な薬物治療を支援することであるという基本的な考えに基づいて業務を遂行しています。薬剤師独自の調剤や製剤業務にとどまらず、薬剤管理指導、医療安全対策、院内感染対策、栄養サポートチーム、褥瘡防止対策などでは他職種との連携を保ちつつ、医療チームの一員としての活動を展開しています。

薬剤部の基本方針

私たちは、調剤・医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによって、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もって地域のみなさまの健康な生活を確保します。

特徴

薬剤部は2交代制・24時間年中無休で常駐しチーム医療にも積極的に参画しています。

感染制御チーム(ICT)

  • 抗菌薬適正使用の推進(特定抗菌薬許可制、 抗菌薬使用状況の委員会報告など)
  • ICT ラウンド(抗菌薬・病棟ラウンド)への参加
  • 抗菌薬適正使用マニュアル整備
  • ToRIC(TOYOTA ROUND INFECTION CONTROL)への参加

栄養サポートチーム(NST)

  • 高カロリー輸液、 経腸栄養剤の投与設計
  • 輸液療法における適正使用の提言
  • 介入症例の服用薬の確認
  • 処方内容からのモニタリング

褥瘡防止対策チーム

  • 褥瘡の病態評価
  • 医師への処置薬剤、ドレッシング材の提案
  • 看護師への処置薬剤、ドレッシング材の適正使用の提言
  • 介入症例の服用薬の確認

認知症サポートチーム(DST)

  • 抗コリンリスク、 薬物相互作用など精神神経系薬剤についてのあらゆる相談に対応

施設・設備

主な医療設備

薬剤サブシステム YUYAMA YUNICOM-EX-R1台
全自動錠剤分包機 YUYAMA YS-TR-260FDSⅡ1台
散薬分包機 YUYAMA Single-R93zⅡ1台
散薬分包機 YUYAMA CPXⅢ-S1台
調剤室薬品保冷庫 PHC MPR-313DCN2台
クラスⅡバイオハザード対策用キャビネット(100%排気) YUYAMA YS-B-A110ⅡB21台
卓上型クリーンベンチ YUYAMA YS-B-A7111台
集塵装置付散薬台 YUYAMA YS-A-E-1012(M)1台

業務内容

調剤業務

  • 電子カルテによる処方オーダ調剤、処方鑑査システムによる重複処方、相互作用禁忌チェック等の確認を実施

注射業務

  • 電子カルテによる注射オーダ調剤、注射監査システムによる相互作用禁忌チェック等の確認を実施
  • 患者1施用毎の注射調剤を実施

注射薬調製

  • クリーンベンチでの中心静脈栄養(TPN)輸液の調製
  • 安全キャビネットでの抗がん剤調製(入院・外来)、レジメン管理を実施

病棟業務

  • 持参薬報告書兼指示書作成
  • 薬剤管理指導実施
  • チーム医療への参画(ICT、NST、DST、褥瘡防止対策チーム)

DI業務

  • DI通信(医薬品安全対策情報等)の発行(電子カルテ閲覧可)
  • 採用医薬品集等の作成(電子カルテ閲覧可)
  • 薬事材料委員会開催(事務局)
  • 医薬品マスターメンテナンス(電子カルテ、 調剤・注射監査システム)

資格・認定

専門・認定薬剤師取得資格

日本臨床栄養代謝学会 栄養サポートチーム専門療法士2名
日本病院薬剤師会認定 指導薬剤師1名
日本薬剤師研修センター 認定薬剤師1名

実績

調剤実績

項目外来入院
令和元年度処方せん枚数17,296枚15,584枚
調剤件数34,406件37,408件
調剤数276,790剤218,786剤
ページ
TOPへ