いつでも、どこでも、どなたでも。TOYOTA REGIONAL MEDICAL CENTER

新しい地域医療のカタチ コミュニティ・ホスピタル 新しい地域医療のカタチ コミュニティ・ホスピタル

ひとりの健康も地域の健康も近くでずっとまるごとみる ひとりの健康も地域の健康も近くでずっとまるごとみる

豊田地域医療センターが目指す
コミュニティ・ホスピタル

子どもからお年寄りまですべての方に優しく、
地域にとって必要な
医療・介護・福祉をつなぐ病院

  • 総合
    診療

    子どもからお年寄りまで、どんな症状や疾患でも診療ができます。外来に限らず、入院や在宅診療、救急医療など必要な医療を提供し、どんな場面でもシームレスな対応を可能にします。

    総合診療科について
  • 地域
    リハビリ

    ライフステージに合わせたリハビリテーションの提供を目指します。ロボット等を活用した専門的なリハビリや、患者さまが安心してご自宅で過ごすための訪問リハビリを実施します。

    リハビリテーション科について 訪問リハビリテーションについて
  • 健康
    づくり

    健診センターでの健康診断により、地域住民の健康管理の機能も担っています。予防医療や疾患の早期発見により、健康寿命の延長を目指します。

    健診センターサイト
  • 人材
    育成

    総合診療医や訪問看護師、訪問セラピスト等、地域医療に関わる人材が体系的に学び、成長できる環境を備え、信頼し続けられる病院づくりに貢献します。

    豊田地域看護専門学校サイト 地域医療研修センターサイト
  • 地域
    づくり

    高齢者や障害者の社会参加の推進、地域資源の活用による地域課題の解決支援など「まちづくり」の機能を持ち、人々が集い交流する場として地域に開かれた病院として地域づくりの一端を担います。

コミュニティ・ホスピタルとは

地域医療をシームレスにつなぎ
患者さまを支える病院を目指しています。

日本社会の高齢化に伴い、近年では在宅療養の需要も増加の一途をたどっています。また、多くの人が慢性疾患を抱える現代では、疾患そのものだけでなく、その人の生活から、家族、地域までまるごとみる必要があります。
「コミュニティ・ホスピタル」は、豊田市総合計画で定められた地域包括ケアシステムの一翼を担う、地域との関わりを大切にした病院として、地域医療を通して医療と暮らしの架け橋となる身近な存在となる新たな病院像のことをいいます。

豊田地域医療センター

今後の地域との関わり方

総合診療を軸とした地域中心の医療体制で、
みなさまがより安心して利用できる病院へ。

  • 01

    総合診療を中心とした
    医療提供

  • 02

    在宅医療支援の充実

  • 03

    総合的リハビリの提供

  • 04

    地域包括
    ケアシステムの構築

  • 05

    地域との交流・連携

  • 06

    地域ボランティアの
    活性化

  • 07

    訪問看護の強化

  • 08

    地域医療に関わる
    人材育成

地域のみなさまが必要とする医療を提供できる病院を目指し、地域の医療・介護・福祉機関と協力して地域包括ケアシステム構築への貢献を実践します。また、地域医療に関わる人材育成に力を入れ、人々が集い学び交流できる、地域に開かれた病院や環境づくりを大切にしています。病棟・外来・在宅をつぎ目なくつなぎ、地域全体で患者さまを支える、地域に信頼し続けられる病院づくりを行っていきます。

ページ
TOPへ