いつでも、どこでも、どなたでも。TOYOTA REGIONAL MEDICAL CENTER

診療科

消化器内科

食道、胃、十二指腸、小腸、大腸などの消化管や肝臓、胆のう、すい臓などを主とした消化器疾患を対象に専門的な診断治療を行います。

概要

消化器内科では食道、胃、十二指腸、小腸、大腸などの消化管や肝臓、胆のう、すい臓などを主とした消化器疾患を対象に専門的な診断治療を行います。

対象となる疾患

  • 逆流性食道炎
  • 胃がん
  • 胃潰瘍
  • 胃炎
  • 十二指腸潰瘍
  • ウイルス性肝炎
  • アルコール性肝障害
  • 肝硬変
  • 胆のう炎
  • クローン病
  • 大腸ポリープ
  • 大腸がん
※上記は一例です。

対象となる症状

  • お腹が痛い
  • 胃の調子が悪い
  • 血便・黒色便が出る
  • 皮膚・眼が黄色くなった
  • 下痢が止まらない
  • 便が出ない
  • 胸やけがする
  • 食べ物がつかえる
  • 嘔吐・血を吐いた
※上記は一例です。当院では、症状がわからない場合は「総合診療科」で適切な判断が可能です。

主な検査内容

当院の内視鏡室、内視鏡検査について

当院の内視鏡検査は、通常内視鏡、鼻からの挿入が可能な極細スコープでの検査が可能であり、大腸内視鏡では硬度可変スコープ、最近注目されている拡大内視鏡を用いた狭帯域光観察(Narrow Band Imaging;NBI)による腫瘍病変の観察も可能です。画像ファイリングシステムと電子カルテの導入により、検査結果を即時確認する事も、過去の検査と比較する事も可能です。レントゲン画像や病理検査所見も一元的に管理する事で、複数の検査結果を同時に参照しながら診療を進められるようになりました。

また地域連携として、他の診療所や病院の先生方からご依頼された患者さまの上部・下部消化管内視鏡を行っています。ご質問・ご希望がございましたら当院内視鏡室までご連絡ください。内視鏡室は、藤田医科大学 消化器内科の伝統をふまえ、内視鏡検査に力を入れています。
当診療科で実施している主な検査内容は次のようになります。

上部消化管内視鏡検査

内視鏡により、食道、胃、十二指腸を観察し、生検もおこなう。ヘリコバクターピロリ菌の感染の有無について調べるために生体検査を行います。

大腸内視鏡検査

内視鏡により大腸を(直腸・結腸)を観察する。2㎝以下のポリープなら日帰りで内視鏡治療(内視鏡下ポリープ切除術)が可能。1㎝前後の大腸腺腫・粘膜内がんであれば、内視鏡治療(内視鏡下粘膜切除術)も行います。また、クリスタルバイオレットを用いた拡大観察によるピットパターン診断も行っています。

腹部超音波検査

超音波で肝臓、胆嚢、膵臓などを調べます。

腹部CT検査

腹部の断面を多方向からX線撮像し、腹部の画像診断をします。

上部消化管レントゲン検査

バリウムを用いて、食道、胃を中心にレントゲンで病変の有無を調べます。

大腸注腸検査

バリウムを用いて、レントゲンで大腸の病変を調べます。

小腸造影検査

クローン病など小腸の病変に対してバリウムを用い、レントゲン的に診断します。

診療・検査実績

検査名令和元年度令和2年度
上部消化管内視鏡1,491件0,000件
経鼻上部消化管内視鏡1,206件0,000件
大腸内視鏡804件0,000件
内視鏡的大腸ポリープ切除術304件0,000件
内視鏡的大腸粘膜切除術72件0,000件

医師紹介

副院長(健診部門担当)

坂本 宏司

さかもと ひろし

専門分野

消化器

認定資格

認定産業医

ひとこと

患者さまの立場での検査治療を第一に考えています。

総合診療科・消化器内科部長

今井 泰

いまい やすし

専門分野

消化器内科(消化管内科)

認定資格

日本プライマリ・ケア連合学会 家庭医療指導医・専門医、プライマリ・ケア認定医
日本内科学会 認定内科医
ページ
TOPへ