トップページ > 施設・部門 > 部門紹介 > 看護部 > 看護部紹介 > 看護部の委員会活動

部門紹介 看護部 看護部紹介 看護部の委員会活動

看護部が主体となって行う委員会

目標達成のための具体的な活動を行っています

教育委員会
看護の質の向上をめざし、より良い看護を提供するために、職場環境を整え、集合教育の企画・運営を行う。
【内容】教育委員会を教育対象別に2つのグループ(レベルI・II・介護員、レベルIII・IV・全体)に分け、それぞれにあった教育内容の企画・運営・評価を行う。
社会の変化に対応し、看護の質の保持、向上を目指す。看護研究の推進を行う。
記録委員会
看護記録の充実を図り、看護の質・ケアの質の保証につなげる。
【内容】情報開示に向かい、看護の見える記録を目指す。電子カルテの効率的な運用をするために、手順・基準の見直しを行う。
業務改善推進委員会
業務改善を行い、業務の効率化と看護の質向上を図る。
【内容】日々の看護実践を通して業務の見直し・改善を行い、業務の標準化に向けて各種マニュアルの評価・見直し、作成を行う。固定チームナーシングの推進と評価をし、問題点の抽出・改善をする。
臨地実習指導者委員会
臨地実習指導者としての資質の向上を図る。
【内容】看護学校との連絡調整や臨地実習指導者の教育を行う。
口腔ケア推進委員会
口腔ケア技術の向上と推進を図る。
【内容】歯科医師、歯科衛生士、看護師、介護福祉士のチームによる口腔ケア回診を月1回実施しています。
災害対策委員会
災害対応能力向上を図る。
【内容】災害対策に関するマニュアルの見直しを行い、訓練・評価・修正を行う。

看護師が参加する院内の組織活動

セーフティーマネージメント部会
各看護単位のセーフティーマネージャにより、医療事故対策の検討や決定事項の周知、職場巡視による安全管理を行う。
ICT(感染対策チーム)
医師、感染管理認定看護師、検査技師、薬剤師、事務、医療安全推進室、リンクナースとともに感染対策の実戦部隊として、活動する。
NST(栄養サポートチーム)
医師、栄養士、看護師、検査技師、薬剤師等の多職種と協同し、栄養管理を行う。入院時の栄養スクリーニング、週1回のNST回診を実施している。
褥瘡対策委員会
医師、看護師、薬剤師、検査技師、栄養士等の多職種と、週1回の褥瘡回診、体圧分散寝具の整備・管理等、褥瘡防止対策について多職種と協同して活動している。
サービス向上委員会
患者様の意見・苦情の対策、患者満足度調査、外来待ち時間調査など病院全体での患者サービス向上のための活動をしている。
DST委員会
医師、看護師、薬剤師、リハビリ、MSW等の多職種と協同し、認知症の患者さまの対応について検討する。入院時スクリーニング、評価、チームによるラウンドなどの活動をしている。

関連リンク

募集要項(新採用者看護師、既卒採用看護師、中途採用介護福祉士)採用試験案内、説明会申込、FAQ、資料請求は採用情報へ

採用情報[正職員](看護師・介護福祉士)

豊田地域医療センター 〒471-0062 愛知県豊田市西山町3丁目30番地1 TEL:0565-34-3000

Copyright © 2011 Toyota Regional Medical Center. All rights reserved.